募集を開始しても、すぐに入居者が見つかるか心配です。

答え

不況の折、賃貸市況は供給過多の状況が続いていますので、このような不安を持たれる方も多いと思います。ダーウィンではいかに早期に入居者を誘引できるかを徹底したデータ主義で分析し、物件の募集時期、募集期間、立地、近隣条件などを勘案した募集賃料をご提案しています。いかに市況にあった条件で募集をするかが、早期誘引の鍵になります。

入居者はどのようにして物件を探すのですか?

答え

近年の賃貸募集はテレビCMなどでも盛んに放送されているように、入居者が自宅のパソコンや携帯電話で物件情報を簡単に集めることができるようになりました。その結果、従来のように町の不動産会社に足を運んで物件を探すスタイルから、インターネットを利用して日本全国の不動産会社の物件を入居者自身で比較検討するスタイルへ大きく様変わりしました。この傾向は今後より一層強まっていくでしょう。

ダーウィンは、ここが違う!

圧倒的な募集力

ネット配信は業界トップの72サイト。携帯サイトにも対応しています。圧倒的な掲載数により早期誘引を図ります。(専任契約)
また物件ページをアシストする自社サイトも充実。
ページが独り歩きする仕掛けでサブリミナル効果を発揮します。

迅速なSEO対策

最近の物件探しでは入居希望者が検索サイトで物件をチェックした後、気に入った物件の評価や他の募集を見るために直接マンション名を入れて検索します。SEO対策されたダーウィンの募集ページは、検索の上位に表示されるため視認される確率が高くなります。
このシステムを導入しているのは限られた不動産会社だけです。

提携企業の社員様への物件配信・法人契約率70%(普通賃貸借の場合)

提携企業様への物件紹介を行っています。
独自のルートを持っておりますので、他社と比較すると法人契約比率が大変高いです。

独自の物件検証による募集条件のご提案

インターネットでの物件探しの場合、入居者にとっては賃料やその他条件の比較検討が簡単にでき、室内の写真が見られるなどメリットが多い反面、貸し手側にとってはいかに相場やニーズにあった条件で募集できるかが勝負になります。
募集開始後もウェブへのアクセス数やお問い合わせ数、近隣の募集状況などを分析し、必要と判断した際には早期入居者誘因に向けて条件変更のご提案をさせていただきます。